モバイルWiFiを利用するのであれば

WiMAXの1カ月毎の料金を、できるだけ掛けたくないと思っているのではないですか?そんな人の為に、1ヶ月の料金を抑える為の契約の仕方を紹介させていただこうと思います。

「ギガ放題プラン」で人気のあるWiMAX。高速モバイル通信が制限なしで使えるモバイルWiFiルーターとして販売競争の先頭を走っており、導入も即行で出きますし、プラン内容を思えば月額料金もリーズナブルだと言えます。

数カ月以内にWiMAXを購入するというときは、間違いなくWiMAX2+のギガ放題を推奨します。通信速度が速いのは当然の事、WiMAXのモバイル通信エリア内でも使えるので、どの端末よりも優れていると思います。「格安sim」&「WiMAX」&「ワイモバイル」の3つを購入候補に据えて、それらの良い所と悪い所を把握した上で、利用状況に応じたモバイルルーターをランキングの形でご紹介させていただきます。

ワイモバイルというのは、docomoなどと同じ様に自分の会社でモバイル用通信回線を保有し、その回線を用いたサービスをマーケットに提供する移動体通信事業者(MNO)で、SIMカードオンリーの販売もやっています。「速度制限なし」というのはWiMAXのみという印象が強烈にあるかもしれないですが、ワイモバイルにも通信方式の変更により、速度制限なく使用することができる「アドバンスモード」と称されるプランがあるのです。

自宅や外出先でWiFiを使用したいなら、モバイルWiFiルーターが必要になります。その人気機種であるWiMAXとワイモバイルを細部に亘るまで比較しましたので、是非ともご覧ください。モバイルWiFiを利用するのであれば、どうにか安くあげたいと思うはずです。

料金に関しましては1カ月毎に支払う必要がありますから、たとえ数百円程度の違いであっても、年間で計算しますとかなり違うことになります。docomoやY!mobile(Yモバイル)だったら、3日間で1GBという通信量をオーバーしますと、定められた期間速度制限が行われることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)だったら、それらの制限はないので安心です。

WiMAXにつきましては、本家と言えるUQはもとより、MVNOと称される会社が取り扱っております。現実的に通信速度だったり通信サービスが可能なエリアが変わるということはないと明言しますが、料金やサービスは異なっています。WiMAXの後継版という形で登場することになったWiMAX2+は、WiMAXの3倍の速さでモバイル通信が可能となっています。

しかも通信モードをチェンジすることにより、WiMAXとWiMAX2+以外に、au 4G LTE回線も利用することが可能となっています。オプション料は必要となりますが、WiMAXのエリア圏外の場合には、高速で著名なLTE通信が利用できる機種も販売されているので、実質このWiMAX機種を保有していれば、日本国内どこでもモバイル通信ができると思われます。

「WiMAXないしはWiMAX2+を購入するつもりだ」と言う方に伝えたいのは、丁寧にプロバイダーを比較しませんと、20000~30000円程は余計なお金を払うことになりますよということです。ポケットWiFiという名前はソフトバンクの商標なのですが、普通は「3Gだったり4G回線を利用してモバイル通信を行う」際に要される小型のWiFiルーター全体のことを指すと言えるでしょう。

未だにWiMAX2+の回線エリアになっていないというような方も、巷で手に入れることができるWiFiルーターでしたら、今までのWiMAXにも繋ぐことができるようになっていますし、月に1000円程度必要ですがオプション料金を払うことにすれば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも繋げられます。

ブログ

Posted by menchoku